黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

有給休暇とはっ!

2018/04/13 23:52

「次の木曜日はお休みしたいのですが…」
同僚の盛りチャンが遠慮がちに言った
間髪明けずマーホンさんが答える
「駄目です!」
「銀行の窓口に用事が有って…」
「駄目ですっ!でもデートなら許可します」
ニヤニヤと笑いながらマーホンさんが続ける
盛りチャンはデートと云う事にして休暇を取った
そこからマーホンさんの話が始まる

先々代の所長が良く言っていた言葉

有給休暇は楽しい事の為に使う物だ
日頃は少し体調が悪くても出社する
職場に辿り着いたら寝てれば良い
体調不良などの為に使う物ではない


だからデートなら思う存分取って良いと云う事なのだ
それなら有給休暇と取ろう
ロビの製作はロビとのデートと言っても良いだろう
朝のアラームいつも通り
一度は無理矢理起きるのだ
日頃は怠い体を引きずって起きる
でも心配などする事も無く二度寝が出来るのだ
『無理に起きなくて良い幸せ』
更に漫画を読みながらの寝落ち
これ等こそ現時点の最大の贅沢だと思う

そうと決まったら前夜祭
好きなビールを飲みながらまったりとテレビを眺める

    2018-03-26 0

翌日が休暇だと思うと一層美味しく感じるのだぁ



   
スポンサーサイト
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

健気な震太くん

2018/03/20 22:12

職場の施設では定期的に防災訓練がある
今回の訓練は『大型の地震で火災が発生した』と云う想定
前館内に放送が流れる

  間もなく大きな揺れか来ます
  身を守って下さい
  落ち着いて行動をして下さい
  あと一秒で揺れます
  身を守って下さい
  落ち着いて行動して下さい


スピーカーから流れるアニメのキャラクターの様な声
心理学や行動学に基づいているらしい
警告音も何処か間が抜けている
緊張に因るパニックを抑える効果が有るとの事

その後に施設の防災係からアナウンスがある
良く見知った『あのオヂサン』の声だ
地震により火災が発生したので避難しろと言っている
打ち合わせ通りにヘルメットを被り避難所に行くと
施設職員と管轄の消防隊員が待ち構えていた
点呼をとり時間を計っている
そして
全員が集まった時を見極めて講和と消火器の実習
ここまではいつも通り
今回違っていたのは地震の体験ができる事

    震太くん2

自動車に改造を施して関東大震災を再現する
テーブルは床にボルトで固定されている
椅子にも滑らない様な工夫がしてある
車内には震度が表示されている
モニターには震災のCGが流れている
横に揺れたり縦に振動したり…
思ったよりも長く揺れが続いた
一度弱まってから再び揺れるとか…
分析と研究の賜物なのだと思う
その中で一番気になったのがネーミング     

    震太くん1

色々な人に興味を持って貰う為に
フレンドリーなネーミングを心掛けたのだろうか
そんな意図は察する事は出来る
でも
『震太くん』が関東大震災を再現する姿を外から見た
車のエンジンを唸らせながら車体をグラングラン揺らす姿
文句も言わず同じ様に精一杯揺らし続ける
一度では無く希望者が居れば何度でも繰り返す
『君はそのネーミングを納得しているのだろうか』

ふとそんな事を想う
いつもの馴れ合いな避難訓練とは一味違った



    

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

芥川賞でてんてこ舞い

2018/01/18 23:47

直木賞と芥川賞の受賞作品が発表された
直木賞は
門井慶喜(かどい・よしのぶ)さんの「銀河鉄道の父」(講談社)
芥川賞はダブル受賞
石井遊佳(いしい・ゆうか)さんの「百年泥」(新潮11月号)
若竹千佐子(わかたけ・ちさこ)さんの「おらおらでひとりいぐも」(文藝冬号)

ハードカバーの本を読まない自分には無関係の筈だつた
ところが職場の業務に関わってきたのだ

受賞した作品は重版になる
それも早急に印刷しなければならない
発表は19時
だがそれを只々待っている訳ではない
候補作品が決まった時点で準備が始まっているのだ

指定の紙を倉庫に受け入れておく
翌日の午前には指定の紙を届ける

でも

担当している作品が受賞しなければ水の泡
何も無かった事になる

ところが

芥川賞受賞の2作品が共に手配の対象

発表の時点からメールや電話が飛び交う
製造メーカーも代理店もおおわらわ
輸送業者のトラックもスタンバイ
倉庫も指定の紙の必要数を荷揃えする

    2018-01-18 1
    (これはあくまでもイメージで指定の銘柄ではありません)

発表の翌日もてんてこ舞い
システムの出庫データが間に合わない
それでも大型トラックに紙を詰め込み出発させなければならない
その旨の電話とメールとFAXが飛び交う
運転手さんに持たせる納品者と受領書
来るはずのFAXが中々届かない

全てのトラックを送り出したのは12時近く
後回しに出来る物は全て放置
それが山積みになっていた
ネコの職場としては他に通常業務もある
『この件』ばかりにかかずらわってはいられない
ところがその対応に追われて捗らなかったのだ

てんてこ舞いが加速してお昼には疲れ切っていた
ご飯を食べたら家に帰りたくなった
そうも言ってはいられないので午後も業務をこなす
終わってみれば3時間半の残業

関係者の皆様
お疲れ様でした



    
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

職場のブーム

2017/10/27 23:34

事務所と現場は無線で繋がっている
無線を使い話す事を全員が聞いているのだ
そして所長のマーホンさんは突っ込みを入れるのだ好きだ

《スキット上がっていきます》
入出庫エリア担当のグッさんの声が聞こえた
すかさずマーホンさんが突っ込む
「上げます!…でしょ?!」
日常の退屈な業務に飽きてしまったみたいだ
そんな時は無線を真剣に聞いている
「スキットが勝手に動いて4階に上がるのかぁ?!」

スキットとはこんな↓↓↓荷姿

    2017-10-25 1

模造紙位の大きさの紙を16,000枚程重ねて包装してある
それが木製のパレットに乗っている
このスキットがドッコ・ドッコと動いてエレベーター乗る
そして4階に着くとエレベーターから降りる
「勝手に上がってくれるならフォークマンは失業でしょ?!」

特にグッさんは所長のマーホンさんのお気に入り
マーホンさんは関わりたくてしょうがない小学生の様だ
ところが何度も繰り返されると…
…聞いている者も想像する
可笑しくてたまらなくなる
聞くだけでは無く、想像の話に参加する
その内に話の内容に枝葉がついて膨らんでくる

只今の職場のブームは
無線から聞こえる会話に突っ込み入れる事なのだぁ~♪



    

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

行きたかった理由 ~塚田農場 赤羽店~

2017/08/31 00:28

…前回からの続き
   その時の様子はこちらからどうぞ
   ↓↓↓
   http://atagool.jp/blog-entry-155.html

『職場の気の合う同僚との飲み会』
『ヨシりんと愉快な仲間達の飲み会』
どちらも名前が長すぎて覚えられない
此処では『足立会』と呼ぶ事にした

二次会に行く事にした3人
ウッちゃん
(倉庫で混沌の配置をする愛されキャラ)
ヨシりん
(皆から楽しくイジラレる天然のデンジャラスキャラ)
ネコ
(職場では一番地味な参謀キャラだと思う…)

選んだお店は塚田農場
赤羽ではウッちゃんのイチオシのチェーン店

    2017-08-19 5

ウッちゃんはこのシステムを知らせたかったのだ
(本人は内容を良く分からず説明出来ない)

これはポイントカードの一種だと思う
「塚田農場の主任になってくれますか?」
(ポイントカードを作っても良いですか?)
「勿論!無料です」
(入会金は0円と云う事らしい)

    2017-08-19 7

次に来店すると課長に昇進するらしい
(スタンプが1個貯まり次のランクに移行)

そしてウッちゃんが気に入ったもう一つの理由
スタッフさんの目配りと気配りが良いのだ
このエリアの担当はひなこサン
ブログの掲載の可否を尋ねると思い切りの笑顔で答えてくれた

    2017-08-19 2

最初は普通に飲み物注文をして2次会がスタート
ウッちゃんは生ビール
ヨシりんはモヒート
ネコは麦焼酎のロックと氷水

カンパーイ
(*^o^)/☆ヽ(^。^)ノ
    2017-08-19 1

料理は3品ほど頼んだ
一軒目の籠太で散々食べたのでそれ程は食べれない
でも宮崎の地鶏のお肉は美味しかった~♪

    2017-08-19 3

ウッちゃんは宮崎出身
慣れ親しんだ故郷を感じられるお店
そして嬉しいサービスで気分は絶好調~♪

    2017-08-19 4

三回来店したので課長に昇格したのだ
(二つ目のスタンプ貯まったらしい)
主任の名刺は回収されて課長の名刺を渡された
(直ぐに作られた名刺に感激のもよう)
「昇格のお祝いのサービスです」
ささやかな料理だけどお子様ランチの様な旗で気分が上がる

楽しく過ごしていたらバスの時間が迫って来た
席でお会計する事にしてスタッフのヒナコさんに声を掛けた

お会計の間に「温かいお茶は如何ですか?」
これからバスで帰る3人には嬉しい
そして最後のサービス!!!
「デザートにサービスのマンゴーゼリーは如何ですか?」
お腹一杯だけどデザートは別腹
サービスなら勿論お願いしたい
スタッフのヒナコさんの気配りでウッちゃんはご満悦♪

“お願いします”と云うとニックネームを聞かれた
其々呼び方と書く文字を伝える
5分と待たずに運ばれて来たプレート

    2017-08-19 6

ゼリーは2㎤の一口サイズ
それよりも感激したのはプレートのデコレーション
お皿を舐めてでも全て頂きたいと思った

温かいお茶で酔いを少しだけ醒ましてバスに乗る
次回も楽しい足立会になる予感がした



    
[編集]

スポンサーサイト

関連記事


スポンサー広告

ツイッター

人気ページランキング

カスタムCSS