FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

平成最後の夏休み

2018/09/29 11:25

夏休み三日目は何の予定も入れてない
朝は気が済むまで寝床で漫画を読む
一日中ダラダラと猫達と遊んだり昼寝もする
お腹が空いたら有り合わせの物を食べる
そんな風に過ごそうと思っていた
ところが
どうしても買い物をしなければならない事に気付いた
『コンタクトを買わなきゃ!』
通常は眼鏡をかけて過ごしている
バレーボールをプレーする時はコンタクトを使用
それが残り2組になっていた
週末はバレーボールに参加する予定がある

早速、出掛ける支度をした
ついでに美味しい物でも食べようと思った

西新井アリオまでは自転車で15分ほど
コンタクトレンズのテナントが入っている
処方箋の有効期限内なのでサッサと買い物を済ませる
ランチタイムまでは少しと時間が有るので本屋に立ち寄る
色々なテナントが入っているショッピングモールは便利だ

漫画の新刊コーナーに欲しい本は無かった
店内をぶらつくと気になっていた本を発見
ネットで見つけて購入を迷っていた本だ

     2018-09-21 1

その棚は日本史関連で江戸時代がテーマの本が並んでいる
更に面白そうなタイトルが目に入った

     2018-09-21 2

両方の本をパラパラとめくる
どちらも面白そうで甲乙つけ難い
そんな時に脳裏に浮かんだのが…
『平成最後の夏休みだから!』
本の購入とは全く関係ない
でも妙に納得してしまったのだ
2冊を手に取りレジに向かう

次は美味しいランチ
焼肉を食べようと思ったがお気に入りのお店は17時開店
帰宅途中にある回転寿司のお店にした
生ビールを飲んで握り寿司をほおばる
ランチにしてはちょっと贅沢

想定していたよりも散財してしまった
お財布の中身を考えると少し悲しい
買い物をした袋の中からチリ・チリンと鈴の音
猫達のお土産に買ったおもちゃだ
可愛らしい音に慰められて帰宅した



スポンサーサイト
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

油壷マリンパーク ~二日目の夏休み②~

2018/09/27 00:33

みさきまぐろきっぷで巡る三浦半島
三崎港に水揚げされる海の幸を堪能
お腹も一杯になったので、次は観光
18種類の中から1つおもひで券が使える
     ↓↓↓
   おもひで券が使える処

日帰り温泉が多いけど入浴の装備は無い
遊覧船や観光船は船酔いしたら困る
2階建ての観覧バスは時間が合わない
遊びに来てまで自転車を漕ぎたくない
お土産は何種類か買うだろう

色々と考えてガラス工芸と水族館に絞った
とんぼ玉を作る体験は楽しそうだ
でも久しぶりに水族館を見物しようという事になった

    2018-09-07 6

三崎口から乗り放題の京急バスバスに乗って油壷へ
早速『おもひで券』と入場券を交換
大人は1,700円也

入園してからは時計と逆回りで見学する
そうすると
カワウソの餌付けと
ペンギンの餌付けを観るのに都合が良いからだ
1回が5分と短いけれど複数回有って時間が調整し易い
先ずはカワウソ君

    2018-09-07 7

可愛い顔で中々芸達者だ

    2018-09-07 8

平日なので前の方でゆっくりと見学出来る
次に予定しているペンギンの餌付けまで30分程の時間が有る
その間にイルカプールとドーナツ水槽を巡る

    2018-09-07 9

小魚とエイとサメが同じ水槽の中にいた
円形の水槽で同じ方向に泳いていた

水中にいる様に見える写真が撮れるブースも有った
実際に見るとちょっとした水槽なのだが、良く出来ていると思う

感心しながら見学していると、ペンギンの餌付けの時間になった

    2018-09-07 11

『イワトビペンギンは可愛いなぁ』
咄嗟にそう思ったが何処にもペンギンの名前は書いてない
でも頭の黄色い羽を見てそう思ったのだ

    2018-09-07 13

ペンギンの餌付けが始まった
飼育員さんの解説によるとやはり『イワトビペンギン』だった

    2018-09-07 12

そろそろ油壷マリンパークを後にする時間
一通りお土産売り場を見て15時台のバスに乗る
目指すは三崎港の『うらりマルシェさかな館』
1階は海産物で2階は野菜
地元の新鮮な食材がテンコ盛り
あれもこれも買いたいが一人では消費出来ない
職場へ差し入れる菓子を2種類買って終了

    2018-09-07 14

帰りの時間を考えて城ケ島は諦めた
夕飯はポコ・ヒラ・ネコの中間地点の上野
楽しく過ごす事が出来のでカンパーイ
(*^o^)/☆ヽ(^。^)ノ

    2018-09-07 15

特にホッピーが有ると地元に帰って来た気がする

    2018-09-07 16

店内は若者が多くオバサン達は浮いている感じ
騒がしい店内の音に負けずと大声で会話
久々にお腹から声を出したら疲れた

雰囲気はさて置き、
鶏料理はとても美味しかった

    2018-09-07 17

鶏肉は大山鶏(ダイセンドリ)
柔らかくでジューシーな唐揚げ゛

ちょっと珍しい鶏の西京焼き
味噌の香ばしい香りが鶏肉にも合う

    2018-09-07 18

とても良い夏休みの一日になったな~
一緒に過ごしてくれた友人に感謝

夏休みは残り一日




[編集]

スポンサーサイト

関連記事

みさきまぐろきっぷ ~二日目の夏休み①~

2018/09/22 15:13

たった三日間の夏休み
今年は飛び飛びに取る事にした
1日目に続き二日目もプチ観光
メンバーはポコちゃん・ヒラちゃん・ネコ
行き先は2ヶ月前から3人で案を持ち寄った
その中で決めたのがヒラちゃんの案
みさきまぐろきっぷ
京浜急行電鉄が企画したイベント
三浦半島に行って美味しい鮪を食べるのだ

      2018-09-07 0

切符は3枚で3,500円

Aは交通機関の切符
品川から三崎口までの京急電車乗り放題
更に三浦半島の京急バスが乗り放題
Bはお食事券
31のお店の中から1店舗を選ばねばならない
Cは想い出作り
何か一つが無料になる

大雑把な計画は食べて・遊んで・お土産を買う
先ずは時間的にお昼ご飯の事を考える
31店舗のの中から一つを選ばなければならない
      ↓↓↓
    まぐろまんぷく券が使えるお店


選んだお店は三浦海岸駅のエリア

    2018-09-07 1

駅からバスの乗り二つ目の停留所付近らしい
バスの時刻表を見ると1時間に2本
次のバスまで30分待つ事になる
「バス停二つ分なら歩けるんじゃない?」
30分間待つ間にお店に着けると予想して歩く事にした
地図を頭に叩き込んで出発
5分ほど歩くと海岸に出た

    2018-09-07 2

気温は30度ほど
泳ぐのには十分な暑さだが
9月の平日ともなると海水浴客はいない
海岸沿いを潮風に吹かれながら歩く
5分ほどすると2つ目のバス停が有った
すると少し先に目当てのお店を発見

    2018-09-07 3

年季が入った看板には確かに『伊豆島』と書いてある
お店は11時30分開店なので最初の客になった
まぐろまんぷく券を3枚テーブルに置く
平日には限定のサービスがある
ランチメニューに人参ジュースかワインが付くのだ
勿論ワインを選択する

    2018-09-07 4

前菜のサラダを食べ終わる頃
料理が運ばれてきた

    2018-09-07 5

鮪以外にも三崎港に水揚げされた魚がお造りになっている
サザエも刺身で提供されている
それほど新鮮だという事なのだろう

「平日なので良かったですね」
お店のご主人挨拶に来てくれた
週末は予約のお客様で満席になるらしい
そこで予約の無いまくろきっぷのお客様はお断りするそうだ
それ程人気のお店で食べる事が出来てラッキー

お腹もふくれたので次は思い出作り
三浦海岸駅まで戻り三崎口に向かう



[編集]

スポンサーサイト

関連記事

銀太の結果オーライ ~ストレスからの解放~

2018/09/20 15:12

毎日観ていると銀太(仮)と太助(仮)は大した変化は無い
でも確実に日々成長している
個性も随分と出てきた
食べる量や好みも全く違う
同じ5月生まれの筈なのに体格にも差が出来た
活発だけど細い分、筋力に欠ける太助(仮)

    2018-09-19 1

筋力は有るけど体が重たい銀太(仮)

    2018-09-19 2

昨日まで飛び乗れなかった机
今日はしっかりと静かに乗って居たりする
表情筋の無い猫達が『ドヤ顔』してる気がする

更に油断した隙を付く
パソコンのマウスのコードをかじられた
目を離した3秒で見事にぶっちぎり
( ̄д ̄)

    2018-09-19 3

机の上には何食わぬ顔の銀太
『コラ!』と言うのと同時に飛び降りた

その後の表情は可成り違う

    2018-09-19 4

『えぇ~?何かあったのぉ~?』
そんな風に見える銀太(仮)

    2018-09-19 5

『ヤバっ!ばれちゃった!!!』
段ボールの向うから視線を送る太助(仮)
自分が犯人だと暴露している様な物だ

ところがここで腑に落ちない事がある
銀太(仮)は75cmくらいなら軽々とジャンプする
太助(仮)は65cm以上はよじ登らなければならない
その後を見ても足場は必要だった
実際の時に足場になる物は無かった
…と言う事は

    2018-09-19 6

膝の上で悠々と眠る銀太(仮)
犯猫はこの仔だったのだぁ

犯猫が分かってスッキリした
でも責任を取らせられない
猫がパソコンマウスを補充出来る訳がない
会社帰りに竹ノ塚のドン・キホーテ寄った

    2018-09-10 2

879円(税抜き)とリーズナブル
低価格の割に使い勝手が良い
前任のマウスは反応が鈍くなっていた
操作性の悪さでストレスになっていたのだ
そのストレスが一気に解消された
正に結果オーライ




[編集]

スポンサーサイト

関連記事

雷門から上野を楽しむ ~夏休み3分の1~

2018/09/11 11:41

浅草観光の王道と言えば雷門

      2018雷門

平日でも人が大勢いる
殆どが外国からの観光客で仲見世通りも混んでいる
人混みを避けて裏通りを歩き伝法院通りに向かう

ここらでちょっと一休み
懐かしい雰囲気が漂うお店を発見
生ビールとたこ焼きでエネルギー補給
ユウさんムスコくんはソフトクリーム

    2018-08-28 1

体力が回復したので散策再開
まるごとにっぽんでお土産選び
あれやこれやと迷いながら楽しく買い物
時刻は午後の4時
ここでユウさんムスコくんはタイムアップ
新仲見世通りを見物しながら駅に向かう
浅草駅で二人をお見送り

場所を上野に移してプーさんと軽く飲む事にした
平日の夕方5時
どの居酒屋さんも既に賑わっている

地下にある大山鶏のお店に入る

    2018-08-28 2

今日の昼から3件目
ここでやっとホッピー登場
( *´艸`)

大山鶏のから揚げ
大きくてジューシー

    2018-08-28 3

大山鶏はダイセンドリと読む
鳥取県の大山周辺の地域で飼育されている

    2018-08-28 4

他店ではあまり見ないメニュー『鶏の西京焼き』
良い味加減でホッピーも進む

一日では有ったけど良い夏休みだったなぁ~♪




[編集]

スポンサーサイト

関連記事

平日のソラマチでランチ ~夏休み3分の1~

2018/09/06 20:12

少ない夏休みの3分の1
東京スカイツリーの展望デッキから地上に戻った
時刻は丁度お昼
ソラマチのレストラン街でランチ
週末はどのお店にも行列が出来る
ところが平日は大違い
直ぐに席に案内される状態
唯一行列が出来ているのは月島もんじゃの『だるま』
もんじゃは好きだが月島のはネコの好みではない
理由は『高い・少ない・味が濃い』

そんな行列を通り過ぎて目当てのお店に向かう
ユウさんがチョイスしたのは『世界ビール博物館』
世界中の色々なビールが味わえる
ビール好きな私達に気を遣ってくれたのだろう
アメリカンっぽい店内もお洒落な感じがする

    2018-08-28 1

最初に選んだのはドイツのビール
プーさんは300mlでネコは500ml

    2018-08-28 2

ユウさんは車の運転が有るのでノンアルコール

      2018-08-28 4

シーザーサラダは量もたっぷり
4人で食べるのに丁度良い

    2018-08-28 3

パスタはトマト系とクリーム系
迷ったのでユウさんネコでじゃんけん
その結果は…

    2018-08-28 5

茄子とベーコンのトマトパスタ
料理はどれもビールに合う
ファミリー向けの様でお子様ランチも有る
そして
もう一杯タイプの違うドイツビールをオーダー

      2018-08-28 6

ランチなのでこのくらいにしておこう
( *´艸`)

ソラマチのショップを覗いてから浅草に向かう
夏休み3分の1はもう少し続くのだ




[編集]

スポンサーサイト

関連記事

夏休み3分の1 

2018/09/04 23:15

会社の規定で三日間の夏休みがある
多いとは言えない貴重な休み
週末に続けて取れば6連休も可能だ
でも敢て小分けに取る事にした
土・日・祝日の観光地は込んでいる
平日なら行列も少ないだろう
何よりも大きな要素は『お誘い』が有った事
ゲーム仲間は平日の方が都合が良いのだ
場所はユウさんの希望を優先した
小学生のお子さんと一緒に2時間近くかけて上京するからだ

ユウさんが選んだスポットはスカイツリー
ネコは二度目だがプーさんも初めてだと言う

    2018-08-28 2

待ち合わせは東武線の『とうぶスカイツリー駅』
昔は『業平(なりひら)』と呼ばれていた駅だ

      2018-08-28 1

目立たない所に凧が飾られていた
江戸を意識しているのだろうか

ソラマチを通り抜けてスカイツリーに向かう
チケット売り場は殆ど行列が無かった
江戸切子のオブジェもゆっくりと見る事が出来た

    2018-08-28 3

展望デッキまでの代金は大人が2,060円で小学生は930円
チケットを購入して展望台に行くエレベーターの向かう
4基のエレベーターの内装は墨田の四季をテーマにしている
夏は墨田の花火
地上350メートルの展望デッキに行くまでの1分間を楽しませてくれた

    2018-08-28 8

エレベーターを降りると屏風が有った
江戸時代の隅田の風景

    2018-08-28 4

現実の世界に目をやるとレゴブロックで作った様な風景
そんな現実の自分に手紙を書いてみるのも良いかも知れない

    2018-08-28 5

そんな乙女でも無いので別のスポットに向かう
足の下に地上がある
これがガラス床だ
中央辺りまで行くと可成り怖い

    2018-08-28 6

展望デッキの上の回廊にも行ってみたかった
でも更に1,030円の追加料金はキツイ
ここでも十分堪能したので地上に戻る事にした
帰りは340mの階からエレベーターに乗る

    2018-08-28 7

地上に帰るのは偶然にも夏のエレベーター
美味しいご飯でも食べるとしましょうかねぇ~




[編集]

スポンサーサイト

関連記事


スポンサー広告

ツイッター

人気ページランキング

カスタムCSS