道後温泉と鯛めし ~松山記20190203~

2019/02/26/23:59  巡る 画像あり

いつもは呑んだくれて夜更かし
でも早起きをして時間を有効に使いたい
伊予水軍太鼓を楽しんだ後は部屋で寝酒をして爆睡
11時前に寝たせいか朝6時にスッキリと目覚めた
日常では有り得ない状態に吃驚した
浴衣で大浴場に向かい朝風呂を楽しむ
その後は浴衣(で朝食
ビュッフェには危ない罠がある
『食べなきゃ損』と思い取り過ぎてしまうのだ
案の定…動けない程食べてしまった
チェックアウトの時間まで1時間ある
そこで、食べて直ぐ横になり牛になる事にした

起きて身支度をしたら次は飛鳥の湯に向かう
内部は道後温泉の本館を模した造りになっている

    2019-02-02 62

入浴のみなら600円也
シャンプー・コンディショナー・ボディソープは完備している
プラス650円を出すと入浴後に大広間で休憩できる
このプランには浴衣とお茶とお菓子が付いている
今回は贅沢をして1,050円を追加した個室のプラン
浴衣・タオル・お茶・お菓子・個室90分で1,650円也

    2019-02-03 56

受け付けをして料金を払い2階に向かう
其々の部屋は愛媛県の工芸品で装飾されている

    2019-02-03 55

五つの個室があり空いている部屋を全部見せてくれる
この時間では3室空いていた
一番人気はパワースポットの部屋
道後温泉の由来を暖簾に表している
一番右の神様の手のひらからパワーが出てると云うのだ

    2019-02-03 50

次の部屋は今治タオルで模られた椿の間
ホッコリと暖かな感じがする
そして最後は白鷺の間

    2019-02-03 51

特産品の水引で作られている
繊細な職人さんの技に見とれてしまう
パワースポットは諦めて白鷺の間に決めた
先ずはお茶と茶菓子が運ばれて来る
菓子は2種類あるのでヒロと違う物を頼みシェアする事にした

    2019-02-03 54
    2019-02-03 53

早速、部屋で浴衣に着替えて大浴場に向かう
お湯は熱めのアルカリ泉
30分毎に『白鷺伝説』のプロジェクションマッピングがある

温泉を堪能した後は暫く白鷺の間でまったり
真冬なのに汗が噴き出て来る
右隅に有った竹細工の団扇が有り難い
これも特産品で300円で売っているらしい

障子を開けるとバルコニーの様になっている
下は道後温泉商店街で面白い眺めだと思った
価値ある90分を過ごして飛鳥の湯を後にする

    2019-02-03 52

次のお楽しみは昼食
鯛めしを食べると決めていたのだ
市電で大街道に向かい『かどや』を目指す
これもヒロがお薦めのお店
ラッキーな事に待つことなく席に案内された

    2019-02-03 58

鯛めしが来る間に日本酒を味わう
朝酒・朝湯は身上潰すらしいが…
朝寝もしてないし、たまになら大丈夫だろう

    2019-02-03 59

愛媛県の鯛めしは2種類ある
東予(愛媛県の東の方)は鯛を炊き込んだご飯
南予(愛媛県の東予ではない所)は鯛刺しをタレに漬けて白米に乗せる
地区の分け方は分からないが西予は聞いた事がない

    2019-02-03 60

食べ方は…
新鮮な鯛と薬味を惜しげもなくタレに入れる
具を白米に乗せてタレをかける
豪快にかき込む

    2019-02-03 61

食べ方は少しアレンジした
でも、そんな事は問題にならないくらい美味だった♪

楽しい事ばかり
日常を忘れる
そんな三日間が終わった

家に帰るまでが遠足だからね

そんな言葉を交わし
ヒロはネコを見送りJR松山駅に向かった
ネコはリムジンバスに乗り松山空港に向かう
日本の翼に運ばれて東京に帰るのだ

飛行機の窓からは街の灯が見える
その夜景は綺麗なのだが現実に引き戻される

明日は、また…
いつもの日常が繰り返されるのりだなぁ




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://atagool.jp/tb.php/271-2ec4ed19

◄ prev next ►