黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

昔ながらの行事

2017/01/11 01:37

「最近はお正月らしさがないねぇ」
そんな言葉をあちこちでよく聞く
巷では古くからの慣習が伝わりにくくなっていると思う
でも理屈ではなくて…
ネコのDNAに組み込まれている様な気がする

確かに子供の頃はクリスマスが唯一ケーキを食べる日だった
それも日持ちがするバタークリーム
今思えば口の中にまとわりつく甘いケーキ
でも初めてケーキを買ってくれた時の事を覚えている
そして
それ以上にお正月の楽しかった事を覚えているのだぁ~♪

    2017-01-02 50

大晦日は唯一こどもが眠らなくても怒られない日
毎年寝落ちしちゃったけどね
σ(^◇^;)
おばあちゃんの家に親戚一同が大集合
狭い部屋にギュウギュウ詰めで皆の距離が近かった
でも
すっごいご馳走が有るけど子供は近づけなかった
そこでルールがあった
親の耳元で内緒話をするのだ
“栗きんとんの栗がたべたーい!”
小さな手で囲いを作って親の耳元で主張するのだ
母はタイミングを見計らって口に栗を放り込んでくれた

ハレとケの中の王道のハレの日なのだろう
その頃は西新井大師の境内が遊び場だったなぁ

「でも今は違うでしょ!?」

そうね
クリスマスは当たり前
バレンタインデーやホワイトデーも定着してきた
年配者はピンとこないけどハロウィーンも楽しそう

それも楽しいのだけど
今まで受け継がれてきた行事も楽しみたいなぁ~♪
分からない事が有ったら年長者に聞いてみたら良いと思う

聞くって難しいかも知れない
でもそうやって受け継がれて来たんだからね

    2016-12-31 1

今回の年越しはこんな感じなので少し後悔
やっぱり日本酒にすれば良かった
格別な日本酒なら御神酒と言えるもんねぇ~

…って
結局美味しく飲む方向に行ってしまったなぁ

なので
今年も楽しく飲める事を目指します

↓↓↓こんな感じです









[編集]

スポンサーサイト

関連記事

開放の呪文は時間切れ

2017/01/05 22:55

その魅力的な呪文は…
「お正月だから!」

クリスマスが浸透する前の子供の頃
お盆とお正月は特別だった
お盆は浴衣を新調して貰った
お正月は新しい服と靴を買って貰った

「お盆だから」の呪文の効力は既に無くなってしまった
それでも
「お正月だから!」は未だに効力があるのだぁ~♪

    2017-01-02 1

今年の三が日は天気に恵まれた
風も無く早春の様な陽気

「お正月だから!」
普段は食べない様な昼ご飯

    2017-01-02 2

「お正月だから!」
足立区では有名なトロワフィーユのケーキ
一つ一つが400円以上するが幸せになる味

    2017-01-02 3

「お正月だから!」
ショッピングセンターではなく鞄屋さんで買ったバッグ

    2016-12-24 30

でもこの開放の呪文が使えるのは三日間
大盤振る舞いをした結果は自分に跳ね返ってくる
中身が寂しくなった財布で現実に引き戻されるのだ

さてさて
その現実の中で次の楽しみに向けて…
せいぜい頑張るとしましょうかぁ







[編集]

スポンサーサイト

関連記事

光の祭典2016 ~足立の冬の風物詩~

2016/12/25 19:43

約一か月間開催された足立の冬のイベント
光の祭典も12月25日で最終日を迎えた

    2016-12-18 2

毎年少しずつオブジェが変る
何年かぶり行ったら光のピアノも海賊船も無くなっていた
そして光の海とヨットがあった

入り口を入るとスノーマンのお出迎え

    2016-12-18 1

元淵江公園の広場の7本の木
綺麗にデコレーションされていた

そして
午後6時から30分毎の光のショー
これも暫くぶりにみたら新しくなっていた

   見逃した方はこちらをどうぞ
   ↓↓↓




光の祭典が終わり待ちが日常を戻ると…
新しい年はもうすぐ

来年の光の祭典も楽しみにだなぁ♪






[編集]

スポンサーサイト

関連記事

独り暮らしの年賀状事情

2016/12/17 01:16

10年程前から独り暮らしをする事になった
それまでの生活とは可成り変わった
年賀状もその一つ
出す枚数も来る枚数も十分の一
去年までは手作りの年賀状を出していた
干支のイラストを描いて色を塗りシールを貼る
枚数が少ないから出来る事だった

年賀状は母の分も一緒に準備する
図案を考えて下書きをする
母はイラストに色を塗り一言コメントを書く
宛名書きはネコの仕事
拙いが味の有る仕上りだったと思う

今年は市販の印刷された年賀はがきになった
「適当なのを見繕って買って来てょ」
母から代筆係のネコに要望が有ったのだ
色塗りとコメントを書くのが面倒になったらしい
( ̄д ̄)

“何枚あればいいのかなぁ?”
「3枚か4枚あれば足りるよ」
“予備も考えて5枚は有った方が良いんじゃないの?”
「柄も枚数も任せるよ」
…はい・任されたぞょ~
( ̄▽ ̄)

取り敢えず5枚入りを2組買う事にした
合計で10枚購入して二人で分けるのだぁ~♪

      2016-12-16 2

スーパーの年賀はがき売り場で物色する
値段や柄
アレでもない・コレでもないと数十分
リアルなニワトリのイラストは可愛らしさに欠ける
一つは
ほのぼのとした雰囲気で初春らしい色使い物を選んだ
「可愛らしいねぇ~♪」
とても気に入ってくれた様だ
(*^-^*)

もう一つはオーソドックスな絵柄にした

      2016-12-16 1

親戚付き合いには丁度良い感じで母も気に入ったみたい

せめてもの手作り感を出す為に宛名は筆ペンで書いた
葉書10枚と筆ペン1本の合計金額は約1,600円也
今回の年賀状書きも無事に終了
(*´ω`*)

ネコは5枚では少し足りないので無地を5枚買い足し
イラストを描いて・色を塗って・シールを貼ろうと思う
それが何処に届くかはお楽しみですぞょ~
(´▽`*)







[編集]

スポンサーサイト

関連記事


スポンサー広告

ツイッター

人気ページランキング

カスタムCSS