黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

嬉しい気分の金曜日

2017/03/18 15:52

三連休の前日
仕事が終わって実家に立ち寄る事にした
いつものスーパーを通り過ぎる
晩酌用の食べ物と飲み物はファミリーマートで買うのだ

  2017-03-17 12017-03-17 2

ソフトバンクのスーパーフライデー
3月はファミチキが1個無料なのだ
先週はファミマに行ったがレジ前で時間切れ
引き換えできる時間を1分過ぎていた
( ノД`)
どうしても食べたいと云う訳ではない
先週のリベンジがしたいのだー!
(=゚ω゚)ノ
        2017-03-17 3

他の惣菜と缶ビールを3本
そして無料のファミチキを持って実家に到着
玄関を上がり上着を脱ぐ前から母の話が始まる
「お小遣いをあげるよ」
Σ(・ω・ノ)ノ!
テーブルに食べ物を並べる手が止まった
“母上…いきなりどうしたの?”
いつも母の話は脈絡が無く唐突なのだ
σ(^◇^;)
    2017-03-17 4

無料のファミチキで晩酌を始めて話を聞く
母は昔からキラキラした物が好きだ
特に指輪が好きで小銭が貯まると購入していた
その指輪のいくつかを買い取って貰ったと云うのだ
理由は年と共に指が細くなりサイズが合わなくなったから

買取り店では自分が思った以上の値段がついたらしい
「ほっく・ほくなのよ~♪」
そのお金で洋服を買って帰ったらしい
箪笥から引っ張りだして来て嬉しそうに見せる
それでもまだ十分に残っている
そこで嬉しさのお裾分けをしてくれたという事なのだ

『自分の為に使いなよ』と一度は辞退するが…
これを素直に受け取るのも思いやり
“母上☆有難う♪”
自分が嬉しくなる事に使いたいと思うのだぁ~


   
    

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

母の外食事情

2017/03/09 00:09

一か月に一度くらい母とランチをする
その時はいつも我慢している物を食べる
母の好きな食べ物は天丼と炒飯
やはり脂肪と糖の食べ物は美味しいらしい
(*^。^*)

或る日の事
北千住のマルイのレストラン街でランチをする事になった
母のお目当ては天丼
ところが脂質の取り過ぎが気になるらしい
中性脂肪の数値を下げる薬を飲んでいるからだ
そこで第二のお好みである炒飯に的を絞る
天丼は海老で炒飯は蟹と決めているが都合良くいかない
選んだお店はグッディオリエンタル
タイ料理のお店らしい

    2016-10-10 4

店内はカフェの様な感じ

    2016-10-10 1

母は迷わずにエビチャーハンをオーダー
カオパット・クンと言うらしい

    2016-10-10 2

ご飯の上にはパクチーが乗っている
母は三つ葉と勘違いして思い切り食べるに違いない
そして口に入れてしまった物の処理を困る筈
そんな事態にならない様にチョット気を遣う
“母上・それは三つ葉じゃないから少し味見した方がいいよ”
「えーツ! 違うのー?!」
ゆっくりとホン少し葉っぱを齧る母
そして案の定…始末に困る
備え付けの紙ナフキンで始末して事なきを得た
ここで外食が嫌いになって欲しくないからね
海老炒飯に関してはとても気に入ったらしい
「サッパリとしていて美味しいね~♡」
一口食べる毎に言うくらい

    2016-10-10 3

ネコが選んだメニューはガパオライスのセット
勿論ビールも付けてもらうのだぁ~♪

次にこのお店を訪れるのは数か月後になるだろう
その時・母はきっと覚えてない様な気がする
だからもう一度パクチーについて教えてあげようと思う
(*´ω`*)




[編集]

スポンサーサイト

関連記事

箸が転がっても

2017/02/27 22:27

週に一回の実家に遊びに行く日
何をする訳でもない
食事も別々のメニュー
母は食べ物の好みがうるさいのだ
ネコは飲みながら取り留めのない話を聞く
本日のご褒美ビールはエビス

    2017-02-11 1

昔は人の話に相槌を打つだけの母
いつからこんなにお喋りになったのだろう
「最近は中々覚えられなくて」
話題はお茶飲み友達のユミさんの事
「こんどの休みに何処に行くっていったっけ?」
確か先週もそんな話をしたなぁ
「何処だっけ?キリュウ?」
ユミさんは久喜に行くって言ってた筈
「そう・それ! お前は良く覚えているね」
たまたまユミさんと3人で話す機会が有ったのだ
「キリュウの前に私は何て言ったっけ?」
ハニュウって言ってたと教える
「ところで何処が一番遠いの?」
久喜が一番手前でその向こうが羽生で一番遠いのが桐生
“どんどん遠ざかってるぢゃんねー”
そして二人で大笑い
(≧▽≦)

箸が転がっても可笑しい年齢ではないのに?
そんな面白い事とは思えないんだけどね~
( ̄▽ ̄)

北千住のマルイの話では
「あそこの8階にあるのよ」
それが話しているうちにいつの間にか2階になっていた
“8階って言ってなかったっけ?”
「そうそう8階!!!」
そう言いながら出した指は3本
またしたも二人で大笑い
(≧▽≦)

今日も確実に皺が増えたに違いない




[編集]

スポンサーサイト

関連記事

韓国の話題に飛びつく母

2017/02/15 22:27

週に一度は実家に顔を出す
毎回大した話題も無く同じ話を聞く事になる
ここでチョット目先を変えようと思った
一番良いのは韓流の話だが
ネコが仕入れた情報はとっくに母が知っている筈
ダメもとで“アイコンってしってる?”と聞いてみた
「何・それ?」
“レコード大賞で新人賞を取った韓国のグループだよ”
そんな話をしたのが年が明けた一月の初めだった

      2017-02-03 1

実家に行った時はちゃんとしたビールを味わう
そしてキチンと酔う事にしている
それが話を聞く姿勢に役立つのだ

      2017-02-10 2

約一か月経ち春限定の一番搾りが発売された今
軽やかで爽やかな香りがするビールを味わい
韓国のアイドルグループのアイコンの話を聞く
正しいグレープ名は『iKON』

     iKON.jpg
     ※画像をお借りしました

80を過ぎた母はこれからミュージックビデオを手に入れるだろう
そしてメンバーの氏名・年齢・身長を調べるに違いない
それを『おたのしみノート』にまとめ上げるのだ
きっとネコは何回もその話を聞く事になる筈
その度に強く思うのが…
“好きな物事に対する情熱の力って凄いなぁ~!!!”



   

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

妹とは覚悟して飲む

2017/01/31 23:12

妹のピロちゃんと久しぶりに外で飲む事になった
『姉妹でルームシェアをしたら?』
母と弟からこんな提案があった
二人とも若くはないし一馬力の収入で頑張らなければならない
その件について二人で考えてみる事になったのだ

晩ご飯でも食べながらとは言え絶対に飲む
二人で好きなように飲んだら可成りの金額になる
そこで選んだのが『中華で食べ放題飲み放題』
竹ノ塚駅から徒歩2分の餃子酒場良記(ヨシキ)
2時間食べ放題飲み放題で2,980円(税抜き)
その飲み放題は…
アサヒのエクストラコールドも入っているのだぁ~♪
(*´▽`*)

夜の6時位にお店に着くと既に店内は賑わっていた
入り口付近のテーブル席に案内された

    2017-01-29 7 (2)

「これって懐かしくない!?」
テーブルの上には昔懐かしいおみくじが有った

    2017-01-29 5

ところがこれは只のおみくじでは無かったのだぁ!!!
呼び鈴の機能も兼ねているおみくじだった

        2017-01-29 6

それに気付かずに大きな声で店員さんを読んでしまった
(≧◇≦)
最初の注文はそうして運ばれてきたのだ

    2017-01-29 7

お洒落なグラスじゃないエクストラコールド
それでも味を変わらないから良いのだぁ
( *´艸`)
先ずはカンパーイ
(*^o^)/☆ヽ(^。^)ノ

最初に来た料理はバンバンジー

    2017-01-29 8

『餃子酒場』と云うより本格中華

    2017-01-29 3

お勧めの餃子も注文する
皮が厚くて具はアッサリ
大きくて食べ応えがあり好みの味だなぁ
(*^。^*)

ビールだとお腹が膨れてしまうので紹興酒にチェンジ
ピロちゃんは麦焼酎の水割り
    2017-01-29 2

牡蛎の炒め物
量が少な目なのは人数を考えてくれているのだろう

    2017-01-29 1

海老と胡瓜の炒め物
胡瓜は生で食べるよりも美味しいと感じた

    2017-01-29 9

小籠包と麻婆豆腐も美味しかった
次はもっと大人数で来たい
そうすれば〆の麺とデザートまで食べられた筈
でも飲み物は十分飲んだ
ピロちゃん
エクストラコールド2杯と麦焼酎の水割り5杯
ネコ
エクストラコールド3杯と紹興酒3杯
飲み放題でなければ二人とも3,000円超え
やっぱり食べ飲み放題にして良かった~♪

主題の二人で部屋をシェアする話は保留
もう少し様子を見る事になった
今回は飲み食いに尽きたと云う事なのだな
(´・ω・`)

満腹になったが時刻は夜の8時半
博多劇場の外テーブルで梯子酒決定

覚悟を決めないと…
ピロちゃんとは飲めないのだぁ
(*´з`)







[編集]

スポンサーサイト

関連記事


スポンサー広告

ツイッター

人気ページランキング

カスタムCSS