FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

『すまほ』デビュー

2019/11/28 23:56

母も一応は携帯電話を持っている
ところが必ず持ち歩くと云う習慣が無い
それでは携帯ではなくなってしまう
でもそれは仕方がない
週に一度受信するメールや数カ月に一度の電話
全く必要性が無い

そんな中でキャリアから一通のお知らせが届いた
3Gのガラパゴス携帯のサービスが一部停止になるという
近々メールが使えなくなる
電話番号で送るSMSのみ
それを機会にスマホにしませんかと云うのだ
それも基本料金が月額980円
現在の携帯電話より安い

母は少しはスマホに憧れる気持ちも有ったのだろう
機種変更をしよかと言い出したのだ
当然一人で手続きが出来る訳もなく…
私のインターネット手続きに便乗する
同じキャリアなのが幸いした

ところが料金に関しては話が違う
確かに基本使用料は980円
それ以外に端末代金やインターネットの使用料金
今までより500円高くなってしまう
まぁ大体はそんなものなのだ
それでも良いと母は言う
2ヶ月毎に4,000円持って行かれるよりも月々2,500円の方が良いらしい

手続きを済ませて飲まない母と居酒屋に寄り道
電話とメールの送信と受信を教えなければならない
カメラで写真を撮るのも必要事項
今回LINEも覚えて貰う事にした

使ってみたらガラパゴス携帯より簡単だと分かったらしい
「ガラケーより簡単でしょ」「3回押せば良いんだよ」
何度も言って簡単をアピールしたのだ
事実かなり簡単なスマホなのだ

    シンプルスマホ4

「じゃあ、またね」
いつもの挨拶を交わし帰宅した
抜き打ちにLINEを送ってみたが…
未だに既読にはならない

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

フヨフヨと飛んでる

2019/11/27 22:14

雇われ店長2ヶ月目
相も変わらずてんてこ舞いの日々
そんな中やっと時間がとれた
インターネットの環境を整えるのだー!!!
工事なしでWi-Fiが使えるやつ
以前から携帯のキャリアに勧誘されていた
アイテムをコンセントに繋げば使える優れものらしい

    2019-11-24 1

機器の説明や理屈などはどうでも良い
とにかく部屋には電波(?)がフヨフヨと漂い始めた

不便さって言うは…
使う事が出来なくなった時に実感するものなのだなぁ

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

インターネット環境

2019/10/21 22:16

足立区から荒川区に引っ越して約1ヶ月
部屋探しのあたりから更新をご無沙汰している
時間の問題もあるが、転居先にはインターネットの環境がないのだ
また雇われ店長に転職して覚える事が満載
てんてこ舞いの日々を過ごしている

先ずはiPhoneから新生活の初投稿
投稿に関してはこれからレベルアップしていこうと思う
20191021221519552.jpeg
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

夏の風物詩 ~足立の花火~

2019/08/09 18:01

江戸の頃からの夏の風物詩
打ち上げ花火が各地で開催される
足立区も荒川の河川敷で毎年打ち上げている

自転車でも30分程の距離
手軽に行けるとなるとかえって行かないものだ
何より人混みが大嫌いなのだ

今年は中学の同級生からお誘いが有った
一度はお断りしたが仕事帰りに寄り道する事にした
最寄り駅は五反野と梅島だが小菅からアクセス
同級生が席を確保して缶ビールも用意してくれているらしい

少し遠めの場所でも大変な人混み
無事に合流できるか心配だった
こんな時は携帯電話が有り難い
開始から20分が過ぎた頃には座って観賞

2019-07-20 22019-07-20 1

プログラムが終了したのは8時
まだ宵の口
久しぶりなので竹ノ塚で飲む事にした
お店は西口の『魚彩や』
カンパーイ(*^o^)/☆ヽ(^。^)ノ

    2019-07-20 3

軽く飲む事を「ビールでうがいする」と云うらしい
少なくとも一部の方々で流行っている

    2019-07-20 4

お造りは5点三人盛で1,380円
浜焼きの盛り合わせと天使の海老

    2019-07-20 5

卓上コンロでお好みに焼く

    2019-07-20 6

座敷席は間仕切りも有って落ち着ける
ホッピーは白も黒もある
同級生ともゆっくりと話す事が出来た

今回も良い寄り道でした
ご馳走様でしたぁ~♪


[編集]

スポンサーサイト

関連記事

自慢の猫だから ~鈴白さんトライアル~

2019/08/07 22:16

保護猫のチンチラシルバーの鈴白さん
恐らく限られたゲージ内で育った箱入り娘
人間の箱入り娘とは状況が異なる
狭い箱の中しか知らないお嬢様なのだ
家猫として発展途上中
伸びしろ満載でトライアルが決まった

トライアルとは数週間のお試し期間
お互いに一緒に暮らせるかの確認をするのだ

鈴白さんは純血種なので応募が複数
その中で「以前飼っていた猫に似てる」とのご家族に決定
とても落ち着いた母子が譲渡会に来てくれた

日程を調整して鈴白さんをお届けする
里親希望さんが準備万端で待っていてくれた
「鈴白さん出ておいで」と声を掛けると…
鈴白さんは自らキャリーバッグから出てきた
怯えた様子はなく、興味津々

    2019-08-04 1

トライアルの手続きを行っている間も探検
モフモフの尻尾がユラユラと動いている
初めての部屋の雰囲気
初めての階段
冷蔵庫と壁の隙間も確認する

    2019-08-04 4

はじめての場所なのに和んだ雰囲気

「最後かも知れないので…」と撮った写真
「鈴白さんは可愛いねぇ~」と声を掛けて撮影

    2019-08-04 3

今まで見た事がない様な表情
「わたくしは大丈夫ですわ」と言ってる様な感じ
少し強がりが入っている様にも見える
何故なら前足が少し開いて踏ん張っているからだ

翌日に頂いた写真
気持ち良さそうにまどろんでいる

    2019-08-05 5

落ち着く段ボール箱も用意して頂いた様だ
遠慮がちな『ドヤ顔』に見える

    2019-08-05 6

勿論、親ばかが入っている
鈴白さんは自慢の猫なのだ
それは純血種だからではない
3ヶ月ほどだが一緒に生活した時間
それが貴重でかけがえなかったからだ

このトライアルが鈴白さんの幸せの一歩になります様に


[編集]

スポンサーサイト

関連記事


スポンサー広告

ツイッター

人気ページランキング

カスタムCSS